はちみつが目薬になる!?

はちみつが目薬になる!?

はちみつは目薬になる

「はちみつは目薬になる。」

こんなことを言うと驚くかも知れませんが、はちみつは目薬として使用されます。
はちみつは白内障や角膜炎、結膜炎の治療に有効です。
普段から目薬として使用すれば目の老化現象や充血、疲れ目に効果を発揮します。

使用方法は簡単です。
はちみつを綿棒ですくって目に付けるだけです。
目の下まぶたに置くようにはちみつを乗せて、目をパチパチさせて目全体に行き渡らせます。
綿棒は必ず清潔なものを使用してください。
また、はちみつは水で薄めても構いません。

はちみつを目に入れた感想は、入れてすぐに目がしみてから涙がボロボロ出てきます。
白目部分が赤くなりましたが、5~10分後には目がスッキリして気持ち良かったです。

最初は少々ためらうかも知れませんが、一度やってみたらあの清涼感に病みつきになります。
はちみつ目薬で目をいたわりましょう。

国産の生はちみつなら江戸蜂蜜。
非加熱&抗生物質不使用。
自然そのままの美味しさをお届けします。

【江戸蜂蜜】
営業時間:10:00~18:00(定休日:土日祝)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!