はちみつは腸内環境を整える

はちみつは腸内環境を整える

はちみつは腸内環境を整える

はちみつには整腸作用があります。
はちみつに含まれるグルコン酸とオリゴ糖が腸内のビフィズス菌を増やし、腸内環境を整えます。
これらが善玉大腸菌のエサとなり、その活動を促します。
この時、腸の粘膜も強化されるため、便秘や下痢を予防し、発がん物質であるインドールやスカトールの発生や停滞を抑えてくれます。
さらに、善玉大腸菌が作る酪酸には、腸粘膜のがん細胞を攻撃する効果も期待できます。

暴飲暴食で胃腸が弱っている時にはちみつを食べると強い抗炎症作用で荒れた内臓の粘膜をを保護してくれます。
また、グルコースオキシダーゼなどの酵素が抗菌・殺菌力を発揮し、腫瘍の予防にもつながります。

このように、はちみつには腸内環境を整える働きがあります。
その効果を実感するには毎日ひとさじのはちみつを食べることをオススメします。
これを継続して「腸活」を実践しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!