独特な匂いのはちみつを美味しく食べるには

記事のポイント
  • 他の食品と混ぜて食べることで独特な匂いを抑えることができる
  • 花、ミツバチ、保存方法の種類によってはちみつの香りは変化する
  • 明らかな異臭がした場合は何かしらの雑菌が入っている可能性があるため注意する

はちみつの匂いが気になったことは無いでしょうか?

今回ははちみつの匂いの原因や、匂いが気になって食べられないといった場合の対策をご紹介します。

はちみつの匂いの原因

はちみつの匂いの原因

はちみつは種類によっては独特の風味がする品種があります。
はちみつ香りはどこからやってきているのでしょうか。

花の香りによる違い

はちみつはミツバチが集めた花の蜜が主な成分です。

そのため、集めてきた花の種類によって、香りが変わってきます

植物の種類によってはちみつの香り成分が変わってくることは、実際に研究でも明らかになっています。

たとえば、ひまわり、クローバー、アルファルファ、イナゴマメ、マメ科樹木の5種の植物から採れたはちみつの香り成分を分析すると、植物の種類によって成分が異なっていた、という研究もあります。

また、別の研究で、含まれている成分を詳しく調べると、ラベンダーのハチミツからは、ラベンダーのエッセンシャルオイルに含まれるリナロール、1,8-シネオールなどの成分が含まれていることが分かっています。
また、シトラスのハチミツからも、シトラス類の花から抽出されるリナロールが見つけられたとされています。

花の蜜そのものの香りというよりも、花から感じる匂いの方がハチミツの香りに影響を与えているという報告もあり、花の香りがそのままはちみつの香りとして感じやすいことが分かっています。

そのため、花そのものからきつい香りや、独特な香りのするものは、そういったキツさや独特な香りを感じるはちみつになりやすいです。

具体的には、例えば、蕎麦の花や栗の花から採れたはちみつは独特な風味になっていることが多く、苦手な方もおられます。

ミツバチの種類による違い

実は蜜を集めるミツバチの種類によっても、はちみつの風味が異なると言われています。

理由は大きく3つあります。

1.蜜を集める方法の違い

セイヨウミツバチが集めたはちみつは、特定の花の咲く時期に合わせて、その花の蜜を集める単花蜜といわれるはちみつが多くなっています。
一方、ニホンミツバチで集められたはちみつは、一般的に年に数回しか蜜を採らない百花蜜と言われるはちみつが多くなっています。
このように蜜を集める方法が違うことで、違う風味のはちみつが採れる理由になっています。

2.蜜を集める習性の違い

同じ場所で摂れたはちみつでも、ニホンミツバチとセイヨウミツバチでは風味が異なることも分かっています。
例えば、同じ百花蜜でも、ニホンミツバチのはちみつの方が、コクがあるけどさっぱりしていると言われます。
この違いは、ニホンミツバチはさまざまな花から蜜を集める習性がある一方で、セイヨウミツバチは同じ花の種類から蜜を集めるという習性があります。
このような習性のことを「訪花行動」と呼び、この習性の違いも風味に影響しています。

3.ミツバチのもつ酵素等の違い

たとえば、ミツバチと似た品種で同じように蜜を集めるハリナシバチという品種では、同じ地域で同じ花の蜜を集めていても、ハリナシバチの品種が違うことでハチミツの香りが異なることが明らかになっています。
このように、同じ花の蜜を原料にしながら、ミツバチの種によって香りや味が異なる場合、巣に持ち帰るまでの間か、巣に貯蔵する際の過程で違いがあることが分かります。
実際に、花の蜜を集めたセイヨウミツバチの胃の中の成分を調べてみると、花の蜜にはない成分が含まれています。
これらはミツバチそのものが持つ成分や、酵素によるものだと考えられていますが、十分に研究が進んでおらず、まだ明確には分かっていない部分です。

このように、ミツバチの品種が変わることで、はちみつの香りもそれぞれ違ったものになります。

保存状態や加熱の影響によって香りが変化する

はちみつは、温度や湿度や保存期間によって、香りが変化します。

加熱したり、温かい場所で長期間の保存をすると、メイラード反応と呼ばれる反応が起きて、色や香り、味わいなどの成分がゆるやかに変化していきます。

また、はちみつの香り成分の一つである、アルデヒドという物質も保存期間や温度条件に影響を受けることが分かっています。

このように、保存期間が長くなったり、温かい場所で保管したり、加熱することで香りの成分が変化して独特の香りになってしまうこともあります。

単花蜜と百花蜜について

単花蜜と百花蜜について

香りが独特なはちみつの種類

香りが独特なはちみつの種類 

はちみつの種類の中で、「香りが独特」だとよく言われる品種もあります。

特によく挙げられるのは以下の2つです。

  • 栗の花のはちみつ
  • 蕎麦の花のはちみつ

これらは香りそのものも独特で、癖のある風味です。
苦手な方も多いですが、好きな方にとってはこの風味がたまらないとも言われます。

また、百花蜜の中でもセイタカアワダチソウやブタクサと呼ばれる花の蜜が含まれるととても臭い匂いのはちみつが出来てしまいます。

これらは豊富な蜜が有りミツバチ達は好んで蜜を採りに行き易い花ですが、臭いはちみつが出来てしまうため、養蜂家からは嫌われる花の一つです。

もし臭いはちみつが出来てしまった場合は、残念ながら廃棄となる場合もあります。

蜂蜜の種類と特徴など代表的なもの7つ

はちみつの種類と特徴など代表的なもの7つ

苦手な香りのはちみつを食べるには

苦手な香りのはちみつを食べるには 

もしも購入したはちみつが独特の香りだった場合はどのように食べればいいでしょうか。

おすすめなのが

  • ヨーグルトに混ぜる
  • バタートーストに塗る

といった食べ方です。

これらの食べ方の場合、癖の強い栗や蕎麦のはちみつでも香りが気にならなくなる方が多いです。

もし、ブルーチーズが苦手でなければ、ブルーチーズに掛けて食べることもとてもおすすめです。

ブルーチーズの香りがはちみつの癖を消してくれるため、とても食べやすくなります

チーズの盛り合わせと生はちみつ

チーズの盛り合わせと生はちみつ

はちみつから異臭がした場合に危険性は?

はちみつから異臭がした場合に危険性は?

もしもはちみつから明らかにおかしい異臭がしてきた場合はどうでしょうか。

はちみつは基本的にはとても濃い濃度のため、雑菌が繁殖することが出来ません
そのため、常温でも安全に保管ができます

しかし、はちみつの濃度がとても低かった場合や、何らかの事情で薄まってしまった場合、はちみつも雑菌の汚染を受けることがあります

その場合、酵母菌が増えてガスを出してしまったり、他のカビなどの雑菌が増えることがあります。

そうした菌の汚染を受けてしまったはちみつは今までと違う異臭がしてきます。

そのようなはちみつを食べることは大変危険です。

雑菌の汚染を受けた場合は、見た目にも明らかな変化がありますので、もし不安な場合はすぐに廃棄するようにしましょう。

犬にはちみつを与えるときの注意点

犬にはちみつを与えるときの注意点

まとめ

いかがでしたか?

今回ははちみつの匂いの原因や、独特な風味のはちみつを食べる際のオススメの食べ方をご紹介しました。

はちみつには独特の風味のものもありますが、食べやすくあっさりとした風味のはちみつもあります。

ぜひ様々なはちみつを食べ比べてみて、好みのはちみつを見つけてみてください。

国産の生はちみつなら江戸蜂蜜。
非加熱&抗生物質不使用。
自然そのままの美味しさをお届けします。

【江戸蜂蜜】
営業時間:10:00~18:00(定休日:土日祝)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!