妊娠中にはちみつを食べても大丈夫?

妊娠中にはちみつを食べても大丈夫?

妊娠中にはちみつを食べても大丈夫?

妊娠中にはちみつを食べても大丈夫なのでしょうか?
結論から言うと、問題ありません。
もちろん胎児への影響もありません。
また、授乳中も摂取して大丈夫です。

妊娠中にはちみつを食べても胎盤を通してボツリヌス菌が胎児に移行することはありません。
妊婦さんは腸内環境が整っている成人ですからはちみつを食べても問題ないのです。
むしろ栄養満点のスーパーフードであるはちみつを積極的に食べましょう。
ただし、多く摂りすぎると体重増加に繋がりますので食べすぎには注意してください。
また、1歳未満の子供には食べさせてはいけませんので注意しましょう。

授乳中にはちみつを食べても大丈夫?

授乳中にはちみつを食べても大丈夫?

はちみつは何歳から食べてよいのか

はちみつは何歳から食べて良いのか

はちみつは妊婦さんに効果的

妊婦さんははちみつを摂取しても問題はないことがわかりました。
胎児に影響があるのではないかと心配される方は多いですが、実は妊婦さんにとってとても良い効果があります。

免疫力の向上

はちみつには殺菌・抗菌作用があります。
栄養も豊富なので、摂取することで免疫力が上がります。

妊婦さんは風邪を引いてしまうと、胎児のために強い薬を摂取することができません。
はちみつを食べることで、風邪予防や風邪のひき始めへの対策ができます。

鉄分豊富

妊娠中は貧血が起こりやすくなります。
胎児に栄養を送るため、鉄分が不足します。

はちみつには鉄分も多く含まれており、貧血への対策としても効果があります。

腸に良い

便秘になりやすいのも妊娠中の特徴です。

はちみつは、腸内の善玉菌を増やす作用のあるグルコン酸が多く含まれています。
そのため、腸内環境が改善され、便秘になりにくい効果があります。

口内炎予防

妊娠中は免疫力の低下、睡眠不足、栄養不足などにより口内炎ができやすくなります。

はちみつには栄養を補う効果と、口の中を殺菌・抗菌作用にしてくれるため、口内炎への予防やできた後の治りを早める効果があります。

産後のダイエット効果

はちみつは砂糖と比べてカロリーが低く、エネルギーになりやすい食品です。
寝る前に食べると、ホルモンの分泌と一緒に脂肪燃焼効果も高めます。

はちみつの摂取により、産後の体調管理やダイエットに効果があります。

食べすぎると中性脂肪になるので、適切な量を摂るように心がけましょう。

はちみつを寝る前に食べるのがおすすめな5つの理由

はちみつを寝る前に食べるのがおすすめな5つの理由

【江戸蜂蜜】
https://www.edo-honey.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!