かぶのはちみつ漬け

 

記事のポイント
  • カブの消化酵素で胃もたれ予防
  • カブのビタミンCで咳止め効果
  • 加熱なしで漬けるだけの一品

今日は、かぶのはちみつ漬けのレシピを紹介します。
今が旬のかぶは、甘みがあってとても美味しく、今の時期に必要な栄養素もたっぷりです。

かぶのはちみつ漬けの作り方

かぶのはちみつ漬け
それでは作ってみましょう。

用意する材料

かぶ 2個
はちみつ(みつばちマーヤ 岐阜市の生はちみつ) 大さじ1
ゆずの搾り汁 大さじ2
ゆずの皮 適宜
小さじ半分
みつばちマーヤ 岐阜市の生はちみつ

レシピ

  1. かぶは皮つきのまま横に薄切りにします。小さじ半分の塩をふりながら保存容器に入れて、水分が出るまでおよそ10分程置きます。
  2. 出た水分を軽く絞って、はちみつと柚子の絞り汁を回し入れます。
  3. 柚子の皮を千切りにして20分以上浸ければ完成。冷蔵庫で3日ほどもちます。

この料理の健康効果

この料理の健康効果
今が旬のかぶにはどのような栄養と効果があるのでしょうか。

胃もたれ予防

かぶに含まれる消化酵素は、でんぷんの消化酵素として働き、胃もたれや胸焼け予防が期待できます。
酵素は火を通すと効果はなくなってしまいますので、こちらのレシピのように生でそのまま摂る必要があります。

喉を潤す咳どめ効果

かぶには喉の粘膜を強くするビタミンCが含まれます。
特に栄養素は皮に多く含まれますので、皮ごと漬け込むこちらの一品は理想的といえます。
今の時期に悩まされる花粉や、風邪の咳や喉の痛みなどの症状には良く効くでしょう。
また、はちみつに含まれる殺菌作用も最近注目されている効果です。

まとめ

いかがでしたか?
江戸蜂蜜の「みつばちマーヤ 岐阜市の生はちみつ」の爽やかな甘さは、野菜の自然な旨味とも相性が良く、野菜の栄養の吸収を助けてくれる効果も見込めます。

国産の生はちみつなら江戸蜂蜜。
非加熱&抗生物質不使用。
自然そのままの美味しさをお届けします。

【江戸蜂蜜】
営業時間:10:00~18:00(定休日:土日祝)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!