はちみつを寝る前に食べるのがおすすめな5つの理由

はちみつを寝る前に食べるのがおすすめな5つの理由

はちみつを食べるタイミングに関して、特におすすめしたいのが「就寝前」。
これには理由があります。
今日ははちみつを寝る前に食べるのがおすすめな理由についてお話します。

はちみつを就寝前に食べるとどんな効果があるのか?

安眠効果がある

はちみつには鎮静作用があり、安眠効果があります。
寝る前にはちみつを食べることで良質な睡眠がとれるようになります。
そして、この良質な睡眠こそが体に様々な良い作用をもたらすのです。

脂肪燃焼効果がある

はちみつを寝る前に食べると肝臓に適度な糖質を蓄えることができます。
そして、その影響で成長ホルモンが分泌され、皮膚や筋肉、骨などの細胞を修復します。
その修復作業のために脂肪をエネルギーとして燃焼するのです。
つまり、就寝前にはちみつを食べることで成長ホルモンが分泌され、体脂肪を燃焼させるのです。
はちみつにはダイエット効果があるということです。

美肌効果がある

はちみつにはビタミンB郡やミネラル、アミノ酸などの栄養素が豊富に含まれ、美肌効果があります。
ダイエット中には食事制限やストレスで肌が荒れることもありますが、はちみつはダイエット効果はもちろんのこと、美肌効果も期待できるため一石二鳥です。

便秘解消効果がある

はちみつにはオリゴ糖やグルコン酸といった成分が含まれています。
そしてそれらが腸内のビフィズス菌を増やし、腸内環境を整えてくれるので便秘解消効果があります。
はちみつを就寝前に食べると善玉菌を増やすことができるのです。

虫歯・口臭予防効果がある

意外かもしれませんが、寝る前にはちみつを食べると虫歯になるどころか虫歯口臭予防、さらには歯周病予防効果があります。
はちみつの持つ強い殺菌力により口の中の善玉菌を助け、悪玉菌を退治してくれるのです。

はちみつの栄養成分について

はちみつの栄養成分について

こんな人におすすめ

こんな人には、はちみつを寝る前に食べることをオススメします。

・ダイエットに励んでいる
・寝付きが悪く不眠症がち
・お肌が気になる
・髪が傷んでいる
・体調が優れない
・うつ気味に感じる
・朝の目覚めが良くない

はちみつを寝る前に食べることで、様々な症状に効果があります。
どれも

就寝前のはちみつのおすすめの食べ方

寝る前のはちみつのおすすめの食べ方は、

・スプーンでひとさじすくってそのまま食べる。
・白湯に溶かして飲む。

です。
至ってシンプルですが、胃に負担をかけずに蜂蜜の効果を最大限引き出すためにもこれらの方法がおすすめです。
就寝前なので他の食べ物と一緒に食べたり、コーヒーや紅茶などカフェインの含まれている飲み物と一緒に飲むのはおすすめしません。

また、はちみつを食べる一番のタイミングは「寝る1時間前」です。
22時から深夜2時の間は、睡眠のゴールデンタイムと言われ、ホルモンがたくさん分泌されます。
その時間に合わせるために、睡眠の1時間前にはちみつを食べましょう。

ただし、食べ過ぎは太る原因となってしまうので適切な量にするよう心がけましょう。

はちみつスプーンの選び方3つ

はちみつスプーンの選び方3つ

まとめ

はちみつを寝る前に食べるとこれらの効果が期待できます。
もちろん効果はひとそれぞれ異なりますが、大切なのは継続すること。
そして普段から健康的な生活を心がけることです。

はちみつはあなたの健康をサポートしてくれます。
就寝前のはちみつを習慣にしてみることをおすすめします。

国産の生はちみつなら江戸蜂蜜。
非加熱&抗生物質不使用。
自然そのままの美味しさをお届けします。

【江戸蜂蜜】
営業時間:10:00~18:00(定休日:土日祝)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!