はちみつの保存方法

はちみつの保存方法

はちみつの正しい保存方法はご存知ですか?
通常、はちみつには賞味期限がありますが、腐ることはありません。
ただし、正しい方法で保存している場合に限ります。

そこで今日は、はちみつの正しい保存方法についてご紹介します。

はちみつの賞味期限について

はちみつの賞味期限について

はちみつの保存方法

はちみつの保存方法に関してですが、結論から言うと「直射日光を避け、常温で保存」がベストです。
また、湿気の多い場所での保存は避けてください。

冷蔵庫での保存はNG

はちみつは冷蔵庫での保存は適しません。
なぜなら、はちみつは一般的には15度以下になると結晶し始めます。
冷蔵庫の中で保存してしまうと、はちみつが結晶してしまうのです。
結晶してしまったはちみつは湯煎で溶かすことができますが、これには手間と時間がかかります。
結晶したはちみつはもちろん品質に変わりはなく、美味しく食べられますが、料理などに使用する際には使いにくいので、冷蔵庫での保存はおすすめしません。

はちみつの結晶について

はちみつの結晶化について

また、はちみつは通常腐ることはありません。
夏場でも冷蔵庫で保存する必要はないのです。

ただし、はちみつをすくう時にはきれいなスプーンを使用してください。
パンくずや水分がはちみつに入ってしまうと、発酵したりカビが生えるなど、品質が低下する可能性があります。

はちみつスプーンの選び方3つ

はちみつスプーンの選び方3つ

ガラス瓶での保存がおすすめ

はちみつはガラス瓶で保存するのがおすすめです。

ガラス瓶であれば密閉もしやすいため、空気の混入によりカビの発生や結晶化を防ぐことが可能になります。

江戸蜂蜜では美味しいはちみつをビンに入れて販売しています。
プラスチック容器に入ったはちみつは、時間の経過とともにプラスチック特有のにおいが移る場合があります。
ガラス瓶での保存はそのような心配がないので安心です。
はちみつの風味を損なわないためにもビンでの保存をおすすめします。

ただし、落としたりぶつけたりすると破損する可能性があるので、くれぐれも取り扱いは注意しましょう。

まとめ

はちみつは直射日光を避け常温で保存し、保存する際はガラス瓶を使用しましょう。
はちみつ本来の品質をキープするためにもこれらの保存方法をおすすめします。

国産の生はちみつなら江戸蜂蜜。
非加熱&抗生物質不使用。
自然そのままの美味しさをお届けします。

【江戸蜂蜜】
営業時間:10:00~18:00(定休日:土日祝)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!