はちみつのコールスローサラダ

はちみつコールスローサラダの作り方

 

記事のポイント
  • 旬の野菜でおいしくリーズナブルに
  • 材料を切って混ぜるだけ
  • 加熱なしではちみつの栄養が摂れる

今日は、はちみつのコールスローサラダの作り方を紹介します。

旬の野菜は栄養価が高くて、お値段もリースナブルです。

すっきりとしたはちみつの甘味にシャキシャキした春キャベツの食感がとても合う春らしいレシピになります。

はちみつコールスローサラダの作り方

はちみつのコールスローサラダの作り方
では、はちみつのコールスローサラダを作りましょう。

用意する材料

春キャベツ 5枚
にんじん 半分
小さじ半分
レモン汁 大さじ1
マヨネーズ 大さじ3
はちみつ(みつばちマーヤ 岐阜市の生はちみつ) 小さじ1
みつばちマーヤ 岐阜市の生はちみつ

はちみつのコールスローサラダのレシピ

  1. キャベツとにんじんは粗くみじん切りにしてボウルに入れます。
  2. 塩をふって和えたら、10~20分程置いて水気を出して手で絞ります。
  3. レモン汁、マヨネーズ、はちみつを加えてよく混ぜたら出来上がりです。

(水気が出やすいので、材料と混ぜるのは食べる直前にしましょう。)

今回使用した「みつばちマーヤ 岐阜市の生はちみつ」は、香りの中にハーブを思わせるボタニカルな印象の風味を楽しめるすっきりした爽やかな蜂蜜です。

春キャベツとはちみつの健康効果

春キャベツとはちみつの健康効果

春キャベツは今が旬で、ふわっと柔らかくみずみずしく食感が生食に適しています。
ですので、火を通すよりもサラダにして食べるのが、シャキシャキしていて美味しく食べられます。

春キャベツとキャベツの違いをまとめてみました。

春キャベツ キャベツ
かたち 丸っこくて小さい 楕円形で大きめ
葉っぱの厚み 薄め 厚め
葉っぱの巻き方 ふわりとしている ぎゅっとしている
水分 多め 普通
甘味 強め 普通
向いている調理方法 サラダ なんでも
収穫時期 3~7月 年中(2月が一番美味しい)
選び方 ふわりとしていて軽いもの ぎゅっとしていて重いもの

また、一般的に旬の野菜は栄養面でも優れています。
春キャベツにはどんな栄養が含まれているのか見てみましょう。

ビタミンC

キャベツの緑色が濃い目の部分や、芯の部分に含まれています。
今回のレシピはコールスローサラダですので、芯の部分も刻んで上手に摂りましょう。

ビタミンCは、風邪の予防や疲労回復、美肌づくりなどの美容効果にも優れています。
また、抗酸化作用がありストレスの緩和や免疫力の向上などの効果もあります。
しかし、ビタミンCは加熱することで破壊されてしまいますので、サラダにするこのレシピは最適だと言えます。

ビタミンU

別名、キャベジンと言われている栄養素です。
胃薬として有名な栄養素だと思いますが、その名の通り胃腸の粘膜や新陳代謝を活発にさせる成分で、胃腸癖の修復強化や胃液の分泌を抑制します。
季節の変わり目で体調がすぐれず食欲不振な時に上手に摂ってみましょう。

その他、ビタミンK、食物繊維、カリウム、カルシウムなど、豊富な栄養素が含まれています。

また、はちみつにも多くのビタミンやカリウムなどの栄養素が含まれていますので、併せて摂って体調を崩しやすい季節の変わり目を上手に乗り越えましょう。

はちみつの栄養成分について

まとめ

いかがでしたか?
今回は、旬の春キャベツを使った簡単リーズナブルに作れる「はちみつのコールスローサラダ」の作り方をご紹介しました。
今の時期に嬉しい栄養素が取れる美味しい一品になります。
江戸蜂蜜の「みつばちマーヤ 岐阜市の生はちみつ」を使って作ることで、春らしい味をより爽やかに楽しんでくださいね。

国産の生はちみつなら江戸蜂蜜。
非加熱&抗生物質不使用。
自然そのままの美味しさをお届けします。

【江戸蜂蜜】
営業時間:10:00~18:00(定休日:土日祝)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!